星野源の新しいシングルを買ったよ。

そういうことで、久々の更新は星野源のCDを買ったということについてです。

「なんだテメー、今さら女子人気がほしいのか?」
「亀田は偽チャンプ!」
「今さらモテようって発想がキモイぞ」
「亀田は偽チャンプ!」
という声が聞こえてきますね。

うるさいぞアンチ亀田。みんなで一緒に星野源聴くぞ。ちなみに私だってモテたい。

ということで、意外と星野源のシングルを買うって選択肢が今まで無かったんですが、
「時よ」とか「SUN」とか「恋」はGoogleから購入していましたし、
何かそろそろ買ってもいいよね的な雰囲気が出ていました。

ということで、買いました。

星野源と言いますと、3年前くらいに当時すでに廃れつつあったmixiのコミュニティオフ会で「星野源オフ会」に参加したのを思い出します。

若かった。俺もあの時はAmwayをやっていてウェイウェイ言っていた。その時にかかわりになった方々には本当に迷惑をおかけしました。すなわち私は出会い厨でした。おいそこ、「その割には…」とか言ってくすくす笑うな。

いやー、あの時はマジで黒歴史過ぎてあんまりにも出会い厨過ぎて妹から机の上に置いてあったヒスイを投げられました。
ボウルといいお鍋と言い、あんたら母娘は物を投げすぎです。

まあ、あの時の自分を振り返るとマジで傍にあるヒスイで自分をぶん殴りたくなりますよね。
って話が遠くへと行きすぎましたな。

オフ会と言いますと、大ざっぱに分けて3通りの人間がおります(交流会は違うから割愛)。
「友達が欲しい人」、「ネットワークビジネスの顧客探し」、「出会い厨」。
私は出会い厨を装った2番目の人間でした。そうです。わたしは完全なる極悪人でした。

まあ、ネットワークビジネスについてはまた後日話すとして、本質的な「出会い厨」というのはこれまた厄介な方なんですよ。

その説明を前に、これを読んでいただきたい。
まあ、このライターさんの知り合いがONE OK ROCKという今人気のロックバンドを使った出会い厨をしており、そのテクニックに呆れながらも遊ぶ人選べよという感じなのだが。

ちなみにさっき上げた「友達欲しい人」というのがここに一切該当しないのは、それを本当の意味で交友関係を広げたいという人も居るからであるということをご理解いただければ幸いです。

まあ、星野源オフ会に戻しますと、まさしくこの「出会い厨」に当たってしまったんです。
音楽に詳しく、その知識を女の子に見せびらかしている姿と相手にされていない姿はいささか切ないものがございました。ええ。

私も流石に滑っているし、観ていてイライラしてきたので(前フリとして「アイツヤバくね」とは言ってました)ちょっと強い口調で窘めようかと立ち上がった瞬間に羽交い締めにされたというね。
「暴力良くないよ!」
待て。暴力を振るおうともしていないぞ。

とまあ、何かその人が結局滑っているみたいな感じでそれでもその男の子の二次会には何人か行っていたのかな?
呼ばれなかったから分からないんだよね(笑)
でも、今も変わらずに居たらヒスイでぶん殴っているかもしれない。人間黒歴史は消えないもんだ。

だけどみんなそうやって大きくなっていくんだ。

皆さんも出会い厨にはお気を付けくださいね。ちなみに私はとっくの昔にネットワークビジネスを辞めております。ぜひみんなでAmwayをやってハワイへ行きましょうなんてことは言いませんのでご心配なく(笑)

なんてことを思い出した土曜日昼でした。星野源は大好きですし、ぜひ新しいシングルも聴いてみてください。

今日は私用でこれから水戸へ行きます。それでは。

MOSHIMOとSHISHAMOはBETSUBAND

いや、お前暇人かよと思ったあなた。そうです。私は暇人です。

そうでなければわざわざこんな文を書く必要はない。っていうか、そもそも文にすることだろうか? いいや、する。それが私だ。
というわけで、行ってきました。ちなみにMOSHIMOとSHISHAMOは別バンドでございます

と似てるけどね。

“MOSHIMOとSHISHAMOはBETSUBAND” の続きを読む

意思を持たない行動は人を傷つける時がある

悪意を持つのは、その悪意を自覚したからだ。それは、自覚して、失くすことも出来る。けどね、そんなつもりなくやってしまうのは、鈍感だということだよ。賢くなかったな、今回は。

はい。これは山田詠美さんの小説「ぼくは勉強ができない」にある「眠れる分度器」という小説の一節です。主人公の秀美くんがクラスメートを些細なことで傷つけてしまった後に、おじいちゃんが秀美くんをしかりつける時の一文ですな。
ということで、先日私の誕生日を多くの人にお祝いしてもらって、嬉しく思っています。別に傷ついてはいないんですが、なんていうか、捉えようによっては人を傷つけるような事がありましたので、そんなことを書こうかなと思います。

いや、Facebookに書いても良かったんだろうけれど、見る見ないって選択肢が取れるブログの方が良いじゃない。ということで、私のタイムラインに乗っかっていたとある方の誕生日メッセージでございます。

HBD! 次は素人童貞卒業を。

はい。
ということで、明らかに個人的には不適切に感じ削除をした次第であります。

いや、中には「祝わねーよ」とか、なんなら私の誕生日を祝わずガッキーの誕生日を祝う方までいらっしゃいました。

ですが、前者は高校の部活の先輩で毎年恒例なので全然OKですし、後者は昔なじみの友人(と言っても年上ですが)で、ある程度の冗談は許容できる関係であると信じていますし、私よりも3000倍くらい空気の読める人たちなので、そういう方々から祝いのメッセージの一つだなと考えて受け取りました。え、マジで祝っていなかったらどうすんのって? まあいいじゃん。勘違いしていたってだけでさ。

で、先ほどのメッセージですが。

HBD! 次は素人童貞卒業を。

はい。背景を言っておきますと、立派な大人で、会社経営をされている方で年齢は50代であります。先ほどの冗談を言った方々は大体同年代くらいです。つまり、関係値立場を考えないで発言してしまった事で、危うく私は傷つくところでした。というか、そもそも素人童貞だとかべちゃべちゃ喋るようなもんじゃないだろ。FB上だぞ。事実は置いといて。

ちなみにその人なんですが、飲んでいる時にも隣に座るとしきりに股間を触ってくる人でして、2丁目の方か何かかと思ってしまうのだが、残念なことに会社の社長なのである。うーん、なんと申し上げたらよいか……。

で、その人なんですけれどその行動に悪意が無いんです。あるいは無いように見えるんです。だって何度もやってくるし、しつこいし。「ガードが堅いねーw」って言われるし。
そりゃそうだ。しつこいんだもん。

そういう悪意のない行動が一番人を傷つけるんです。これは自分もそうだったんですけれど、「●●が××の悪口言っていたやでー」と言って人間関係が決裂する事ってありません?
でも、いい大人ならやらないですよね。やっちゃったんだよな、この人。あと、その人が一番触れてほしくない汚点を平然とその子供に話しちゃったり、飲み代出さなかったり(これは自分もはっきり見たわけじゃないけれど)。

今、私が軽く数えた中でもざっと3人は傷つけてる。ちょっとヤバいよこの人。まあ、それに気が付かずに5年以上も友人関係であるという私が一番ヤバいのかもしれないけどね。

ということで、今の心境でございます。

長い付き合いの方から悪意のこもっていない言葉で傷つけられたのは、今年に入って2回目です。
数えている私は相当性悪だと思います。でも、2回ともジョークにしては寒いですし、ジョークじゃないにしたら凄く不愉快です。

ということで、性悪な私は怒っているって話でした。まあ、2人ともこれからはお付き合いする事もないでしょうし、気にしたら負けってやつですな。HAHAHA! アリーヴェデルチ!



編集後記・第5位

むらた

やあみんな! アンチ村田諒太と名高い黒髪のかねろです。

5位「続・村田諒太が世界王者になれない3つの理由」
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/shushu0611/article/158

良く勘違いされるんですけど、確かに私は村田が嫌いです。
ちなみに、冒頭で上げたエンダムがどれだけ強いかって話なんだが、まあみんなが想っているのと同じような感じかなあと。
何にしても、なんか全く期待感すら抱けないままエンダム戦に入った事は否めなくて、でもまあ思った以上でっていう驚きは確かにあったのは事実。

“編集後記・第5位” の続きを読む

King Gnuがマジで格好良すぎる件について。

え、久しぶりに書く内容なのにスポーツじゃないのかよって? まあいいじゃん。BASEMENT-TIMESで石左さんの記事読んで、YouTubeで音楽聴いてみたらこんなに格好いいとは思わなかったんだからさ。
最近よく聴くんだよ。どんだけ聴くかっていうと、1日に3回くらいは聴く。日課の運動(意味深)と、仕事の行き帰り。マジで格好いいし、それ以外に特に言う事が無い。いや、それはそれでどうかとは思う。反省はしている。

まあ、とりあえず聴いてくれればわかる。

 

Srv.Vinciから改名したKing Gnu。メロディーと言い、歌詞と言い、PVと言い、いちいち格好いい。大事な事だからもう一回言っとく? 言わなくていい? リーダーの常田大希は、自分でソロプロジェクトもやったり、相当頭も切れる人みたい。



ぶっちゃけて言うと、音楽の知識はまるでない。だから、よくわからん。ただ、インタビュー記事とかを読んでいるとわかるのは「音楽を本当にとことん聴いてきた男が、いろんなジャンルを統合した音楽を作りたいんだろうな」ってこと。間違っていたらごめん。

7月にアルバムが出るそうなので、買います。


ちなみに、King Gnuになる前のSrv.Vinciもなかなか格好いい。まだまだ無名だけど、このバンド面白い。是非聞いてみてください。

お手上げ


いやー、負けた。鹿島に鹿島られたわ。

全体通して悪い展開じゃなかったけれど、どうにもこうにも攻撃が雑すぎて。ありゃあ強いわ。正直言って今の浦和では太刀打ちできません。

柏木が欠場していて、どうにも歯車が狂ってしまっている。
このままでは狂った歯車のまま連敗を積み重ねることになりそうなので、修正する時間は絶対に必要。

だいぶこの2試合で見えてきたところを言うと、ラファエル・シルバや興梠がシュートを外していたのって、そこに至るまでの攻撃のディティールが今一つだから。たとえば右サイドで言うと、関根が今回は西と昌子を突破しなければいけなかったんだけれど、昌子はうまいし西もこういう試合で良く動けるタイプなので、本来の仕掛けが全然できていなかった。
駒井になってから何度か見られたけれど、遅い。



あと、速攻がとても遅い。もうちょっと迷いなくプレーしていたような印象があるからなおさら。スローダウンさせ過ぎで、アントラーズの守備がセットされてしまう時間を作ってしまっていたと思う。
それの原因は、やっぱり柏木を欠いていること。次に、疲れ。そして、ミシャの采配となっていくわけだが、正直に言えば原因は色々あると思う。
恒常的にDFの高齢化は気がかりだし、時間が解決してくれる問題でもない。パワープレーの練習も多分していないんじゃないかな?
まあ、何にしても浦和は2連敗で来週水曜日のACLに臨むこととなったので、切り替えていくしかないですな。

まじで募集します!


ヴォルティスの馬渡選手の件とか。

まー、ボールパーソンを叩いた馬渡選手は確かに悪い。だがね、非難するのはその行為だけにしておいた方が良いんだって。なんか最近馬渡選手のTwitterにいちいち文句を付ける書き込みがあるようだが、やっぱりそうだろうなあと思いながら見ていたんだよね。

人は寄ってたかって叩ける人間を見つけ出したら叩きに叩く。それも無邪気にゴキブリを潰すかのように叩く。で、それと同じようなことを中学生の少年にもやっている。

ボールパーソンをやった中学生の少年に落ち度がないとは言わせない。だけれど、なぜ二元論で語ろうとするのか。子どもだからといっても、相手は試合進行を円滑に進めるべく選ばれた人間なのであって、それを妨害している以上は落ち度はあるだろう。

まあ、なんにしても「どっちが悪い」議論に意味はないと思う。ぼくはどっちも悪いと思うよ。ただまあ、昔のことわざであるじゃない。「罪を憎んで人を憎まず」って。


結論から言って、アザールくらい豪快にやってほしいもんだよね。