編集後記・第5位

むらた

やあみんな! アンチ村田諒太と名高い黒髪のかねろです。

5位「続・村田諒太が世界王者になれない3つの理由」
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/shushu0611/article/158

良く勘違いされるんですけど、確かに私は村田が嫌いです。
ちなみに、冒頭で上げたエンダムがどれだけ強いかって話なんだが、まあみんなが想っているのと同じような感じかなあと。
何にしても、なんか全く期待感すら抱けないままエンダム戦に入った事は否めなくて、でもまあ思った以上でっていう驚きは確かにあったのは事実。

村田大先生は世界戦に向けて準備万端だったのか?

さて、村田をけなしていたかどうかについて。
結論から言えば、自分はけなしてはいないと思うし、そんなつもりで書いてはいないんだよね。そりゃあ、村田ファンからしてみたらムッとするかもしれないけどさ。当たり前の事しか私書いてないと思うよ?
だって、エンダムまでの戦歴を見てみりゃわかるけど、碌な相手とやってないよ、マジで。これで準備が出来ていたなんて言うのは私はとてもじゃないけど怖くてそんなこと言えない。
まだ、ロマチェンコみたいに2戦目で世界タイトルマッチやっていた方が逆にすがすがしくて良かったんじゃなかろうかと思うくらい。実現できるでしょう。だって、ロマチェンコも村田も金メダリストだし。ここまでの流れで見てみて、明らかに経歴的にも育成に失敗したのは明らかだったし。

対戦相手はこれを参照。

これが亀田だったら「咬ませしか相手にしないカメさん乙でーすwww」とか言うくせに、村田さんにはそれが無いってお前。世の中の皆さま、これがボクシングオタクであり、大多数の真理でございます。
どれだけいい練習を積んだとしても、それを実戦で使えなければ何の意味もないし、それが強い相手でなかったら余計意味が無い。だからそういう点で村田はすごく不安があった。いや、どっからどう考えても勝てなくね? って。何度も言うけど、それは試合を見て良い意味で裏切られたよって話だけど。
でも、大多数の人はそれをすっ飛ばして「村田は勝てない」とか、「咬ませしか相手しない村田さん乙でーすwww」っていうところしか読まないし、目がいかない。だから、私が村田を書くときは上から目線で尊大なブロガーに見えるのだ。
そういうわけだから、文章をちゃんと読んでください。あなたの話はそれから聴きます。

で、村田はゲームオーバーになるんですかね?

知らん。
だが、本人は全然諦める気が無いと聞いて、少しだけ好きになった。
だけれど、拠点はアメリカに移した方が良いなとは思う。別にブログの記事にする必要も無いでしょう。サラストレーナーや葛西さんのいる日本でこれ以上伸びないと思うし、今のままでゴロフキンやカネロと戦って勝てるなんて一ミリも思えない。
で、実際に勝ちたいのであればやっぱり中量級の花形選手が多くいる所へ飛び込んでいくしかないんじゃないかなあと思う。亀海たんみたいに。そこから亀海たんは世界タイトルマッチを勝ち取ったんだから評価はする。
まあ、なんにしても今後の村田には要注目と言う事で。


あと、ゲームオーバーと言えばガニエだと思う。WBCで見てびっくりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です