ヴォルティスの馬渡選手の件とか。

まー、ボールパーソンを叩いた馬渡選手は確かに悪い。だがね、非難するのはその行為だけにしておいた方が良いんだって。なんか最近馬渡選手のTwitterにいちいち文句を付ける書き込みがあるようだが、やっぱりそうだろうなあと思いながら見ていたんだよね。

人は寄ってたかって叩ける人間を見つけ出したら叩きに叩く。それも無邪気にゴキブリを潰すかのように叩く。で、それと同じようなことを中学生の少年にもやっている。

ボールパーソンをやった中学生の少年に落ち度がないとは言わせない。だけれど、なぜ二元論で語ろうとするのか。子どもだからといっても、相手は試合進行を円滑に進めるべく選ばれた人間なのであって、それを妨害している以上は落ち度はあるだろう。

まあ、なんにしても「どっちが悪い」議論に意味はないと思う。ぼくはどっちも悪いと思うよ。ただまあ、昔のことわざであるじゃない。「罪を憎んで人を憎まず」って。


結論から言って、アザールくらい豪快にやってほしいもんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です